ダイエット効果に差が出る運動メニューを検証しました!

ダイエットに適した運動といえば、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動ですね。

有酸素運動は、もっとも脂肪を燃焼させる運動と言われています。

一般的には、1日20分以上行うことで、脂肪燃焼に繋がると言われています。

1日のうちの20分以上ですから、20分間続けて行う必要はありません。

10分2セットなど、自分の続けやすいスタイルで行うことが可能です。

しかし、ダイエットに適した運動ではありますが、有酸素運動と合わせて行うと、さらにダイエット効果を向上させる運動メニューがあるので紹介します。

ストレッチと無酸素運動について

まず、必ず運動する前にはストレッチをおこないましょう。

ストレッチ自体には痩せる効果はあまりありませんが、体を伸ばし関節などの可動域を広げることで怪我防止につながります。

また、ストレッチを行うことで血行が良くなり、基礎代謝を上げる効果があります。

次に、無酸素運動を行います。

無酸素運動とは主に筋トレのこと指します。

筋トレを行うと、体の中で成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは、有酸素運動を行う時に脂肪燃焼率を向上させます。

また、いくら有酸素運動を行ってお筋肉量が少なければ、脂肪が燃焼しにくいため、なかなか効果が表れません。

そのため、筋トレを行って筋肉量を増やし、脂肪が燃焼しやすい体を作ることが大切なのです。

一通り運動が終わったら、必ずクールダウンのストレッチも行うようにします。

運動を急に終えてしまうと、運動中に巡っていた血液がそのまま残ってしまいます。

筋肉にも疲れが残ってしまうので、血液を巡らせるようにゆっくりとしたストレッチを行いましょう。

ダイエット効果がある運動メニュー【まとめ】

有酸素運動だけでなく、ストレッチや筋トレを一緒に行うことで、脂肪燃焼効果を高めることができます。

筋トレを行ったあとは20分以内に有酸素運動をお行いましょう。

せっかく分泌された成長ホルモンが、消えてしまうからです。

このように、脂肪燃焼の仕組みを考え、効率的に運動メニューを考えることでダイエット成功の近道へと繋がります。

ぜひあなたも、生活スタイルに合わせて自分に合った運動メニューを考えてみてください。