ダイエット中の運動、その後の食事が大切な事をご存知ですか?

変わらぬ体型の理由には様々な要因があります。

ダイエットのために頑張って運動しているのに、なかなか効果を感じることができない人や、むしろ少し太ってしまった人は少なくないようです。

このように、感じてしまうのには理由があります。

また、その理由をしっかり理解していれば、防ぐことができ、ダイエット効果をしっかり感じることができるようになります。

まずは、筋肉の仕組みについて紹介します。

運動を行うと、筋肉に負荷をかけることになります。

そうすることで、筋肉の一部が破壊されます。

破壊されるたびに筋肉は、破壊された部分を修復しようと働きます。

その破壊と修復が繰り返されることにより、筋肉は強く大きくなっていきます。

筋肉の修復を行うときに、欠かせないのがタンパク質です。

タンパク質が不足していると、筋肉の修復ができず、せっかく運動しても筋肉が育ちません。

筋肉の重要性と役割について

筋肉量を増やすことによって、基礎代謝を高くすることができます。

基礎代謝が高ければ、ただ、座っているだけでも、消費するカロリー

が高くなるといことですから、ダイエット中の人ならもちろん、基礎代謝高くしたいと考えるはずです。

上記では筋肉にはタンパク質が必要なことを紹介しました。

実は、最近では運動をしてダイエットを行っているのに、食事をサラダやスープしか食べないという人が増えています。

この場合、筋肉を増やすために必要な栄養素を、充分に摂取できていないので、筋肉量が増えず、効果を感じることができなくなっているのです。

ダイエット中の運動後に摂る食事のオススメ

筋肉を増やし、基礎代謝を高め、体を引き締めるには、タンパク質を意識した食事に切り替える必要があります。

そこでおすすめのメニューが、「豆乳バナナジュース」です。

豆乳とバナナを、ミキサーで拡販するだけでできます。

豆乳バナナジュースには、破壊された筋肉を修復するための栄養素が、すべて含まれています。

カロリーも低く、自家製で作ることもできるのでオススメです。

運動を行いクールダウンした30分後くらいに、飲むようにしてください。

このように、タンパク質をしっかり摂取することで、いままで以上に運動の効果をしっかり感じることができるようになるはずです。