食事制限で痩せないのはなぜ?ダイエットには欠かせない?

食事制限では痩せられない。

食事制限でのダイエットはリバウンドしやすい。

そんな風に思っている人も多いと思います。

そういった事実があることは確かですが、それは間違った食事制限をしているからです。

ダイエット成功に必要なのは、摂取カロリーより消費カロリーを多くすること。

だけど、消費カロリーを多くするのは、なかなか大変です。

40分のジョギングで消費できるのは、たったの200カロリー。

おにぎり1つ分のカロリーにしかなりません。

それなので、運動をしつつ、摂取カロリーを減らすことが必要です。

そのための手段が、カロリーの取り過ぎを防ぐ食事管理なのです。

認識の違いがリバウンドを生む

食事制限は少しずつではありますが確実に痩せられるダイエット方法です。

しかし、早く痩せたいと思って極端に食事量を減らすのはNGです。

一時的には痩せますが、リバウンドしやすい原因です。

食事制限=何も食べないと認識しているのが、そもそもの間違い。

それが、食事制限ダイエットで痩せられない理由のひとつなのです。

何も食べないということは、身体を動かすために必要な栄養も摂れないということ。

例えば、炭水化物やタンパク質、糖質。

これらが不足すると、脳が危機状態と認識し「食べなさい」という指令を出します。

これがダイエット中に起こる強烈な食欲の元になります。

また、栄養不足は肌荒れや抜け毛などにも影響があります。

何も食べていないと、身体は少しのエネルギーでも動けるように栄養の吸収率を上げてしまいます。

そして、危機的状況に備えて、脂肪も蓄えてしまいます。

結果、太りやすく痩せやすい身体に変えてしまうのです。

痩せない原因はサラダ?

カロリーの事を考えてサラダ中心の食事制限をしている人も、要注意。

ヘルシーな食生活をしているのに、なかなか痩せないと感じていませんか?

その原因はドレッシングにあります。

野菜は低カロリーでも、ドレッシングには糖質や脂質がたっぷり入っていることも。

また、生野菜は身体を冷やします。

身体の冷えは血行不良になり、代謝も落ちてしまいます。

タンパク質が足りず、筋肉が減り脂肪の燃焼率が下がっているのも、痩せにくくさせている正体です。

やっぱりバランスが大事

食事制限のダイエットで食事量を極端に減らす必要はありません。

必要なのは、野菜中心であることと、栄養をバランスよく摂ることです。

特に基礎代謝の元になる筋肉を作るためにもタンパク質は大切。

控えがちな肉や魚も脂肪を燃やす燃料になるので、適度に摂取しましょう。

栄養バランスの良い食生活にすることは、ダイエットだけでなく、健康や美容にも効果があります。

ダイエットに焦りは禁物です。

適切な食事コントロールでゆっくりと、でも確実に痩せましょう。