効率よく脂肪を燃やすには?大事なのは準備です!

ダイエット運動といえば、どんな運動を思い浮かべるでしょうか?

最近では、ランニングなどの有酸素運動が脂肪を燃焼させると人気が出ています。

試している方も多いのではないでしょうか。

それでもなかなか痩せられないという方はいませんか?

もしかすると、方法が間違っているかもしれません。

実は、有酸素運動だけを行うだけではダメなんです。

確かに、有酸素運動は最も脂肪を燃焼させる方法です。

ダイエットをするうえで、有酸素運動は欠かせません。

しかし、有酸素運動をするだけでは、あまり効果的だとは言えません。

というのも、脂肪が燃焼されるのには、プロセスがあるからです。

そのプロセスとは「分解」「運搬」「燃焼」です。

有酸素運動で行われる過程は最後の「燃焼」。

つまり、脂肪を燃焼させるための準備が必要だということです。

ダイエットは準備が大事?

まずは、準備の準備。

ストレッチをしましょう。

直接的なダイエット効果はありませんが、運動前のストレッチは基本中の基本です。

反動をつけて、しっかり身体を伸ばします。

身体がほぐれるので、怪我の防止になりますし、血行が良くなるので代謝も上がります。

身体がほぐれたら、燃焼の前段階。

無酸素運動を行います。

無酸素運動は酸素を使わずにエネルギーを作り出す強度の高い運動。

筋トレがおススメです。

筋トレをすると成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが脂肪の分解をする役割を担っているのです。

筋肉が多いと基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼率も格段にアップします。

準備完了!脂肪を燃焼させよう

筋トレによって分解された脂肪が分解され、運搬されたらいよいよ燃焼の時間です。

筋トレの後の休憩は20分ほどで。

成長ホルモンが消えないうちに有酸素運動を始めましょう。

脂肪が燃焼し始めるのは、20分経ってからなので、20分以上の有酸素運動が必要です。

ただし、20分間続けてではなくてもOK。

例えば10分間を2セットなど、自分に合ったスタイルで行うと良いです。

最後に締めのストレッチも忘れずに。

休に運動を止めてしまうと勢いよく流れていた血液がその場にとどまってしまいます。

血液を全身に送り出すように、反動をつけずにゆっくり伸ばしましょう。

筋肉の疲労を回復する効果もあります。

効率よく痩せるためには、ひとつの運動を行うだけでは足りません。

筋肉あっての脂肪燃焼だということを忘れずに。

しかし、あれもこれもと、頑張り過ぎずに自分に合ったペースで行いましょう。