ダイエットを成功させるには運動後の食事がカギになる?

極端な食事制限は、確かに太りません。

しかし、必要な栄養も摂れなくなり健康を害してしまう方も少なくありません。

「私は運動も併用しているから健康的にダイエットできる」と言っても安心はできません。

運動後、しっかり食事していますか?

実は、運動後の食事がダイエット成功のカギを握っているのです。

運動後の身体はタンパク質を欲している

食事制限だけでなく、運動も取り入れたダイエットは、とても効果的です。

しかし、「運動したからと言ってたくさん食べてはいけない」と運動後もサラダやスープだけで食事を済ましている方が多くいます。

そこに、落とし穴が。

運動後にしっかり食事を摂らないことが失敗への第一歩なのです。

というのも、筋肉が減ってしまうから。

運動をすると、筋肉の一部が破壊されます。

すると身体は筋肉を修復しようとします。

この時に、身体が欲するのがタンパク質。

しっかりとした食事でタンパク質をはじめとした栄養素を摂れば、筋肉は修復され、さらに運動することで筋肉を増やすことができます。

筋肉は代謝を上げ、脂肪燃焼を効率的にしてくれる立役者。

つまり筋肉が増えるということは、痩せやすい身体になるということなのです。

運動後に十分な食事をしないと、筋肉が分解され逆に太りやすい身体になってしまいます。

バランスが大事

だからと言って、やみくもに何でも食べていいわけではありません。

大事なのは、食事の中身とタイミング。

先ほども述べたように、運動後の身体はタンパク質を求めています。

それなので、良質なタンパク質を摂ってあげましょう。

タンパク質と言えばお肉や魚が代表的。

ですが、運動した後にガッツリお肉を食べるのは難しいことも。

そんな時は、豆乳バナナジュースがおススメです。

豆乳とバナナにはタンパク質はもちろんビタミン、ミネラル、糖質が豊富に含まれています。

どの栄養素も筋肉を補修するのに欠かせません。

それどころか、さらに筋肉を作る働きを促すので、代謝のアップも期待できます。

その他にも、食物繊維が便秘を、カリウムがむくみを解消してくれます。

腹持ちも良いので、食べ過ぎ防止にも一役買ってくれます。

まさに、ダイエットには最適なメニューなのです。

タンパク質以外にも、野菜でビタミンB群を摂取することも忘れずに。

バランスの良い食事は、ダイエットの基本です。

特に運動後は、炭水化物:4、タンパク質:3、脂質:3のバランスが理想的。

このバランスはインスリンの過剰な分泌を抑え、その代わりに脂肪の燃焼を促すホルモンが分泌されやすくなります。

タイミングを逃さないで

そして、もうひとつの重要ポイントは、食事をするタイミングです。

しっかり食事を摂った方が良いと言っても、運動後すぐに食べるのは、胃に負担がかかります。

運動後30分は、スポーツ飲料を飲んでプロテインやアミノ酸を補給するのが良いです。

そして、身体が落ち着いてから、タンパク質中心の食事をとりましょう。

ただし、遅くても運動後の120分後までに。

120分を過ぎると、筋肉が分解されてしまいます。

過度な食事制限は体調不良の原因です。

今回紹介したように運動と食事のバランスとタイミングを意識して、ダイエットを成功させましょう。