筋トレ+αでダイエット!効率良く痩せる方法とは?

この頃では、筋トレで身体を引き締めている女優さんやモデルさんも多く、憧れますよね。

その影響もあってか、ダイエット方法として、筋トレを選んでいる方も多くなっています。

だけど、ひとつ注意が必要。

実は筋トレだけでは、痩せられません。

痩せるためには、消費カロリーを多くすることが重要です。

しかし、筋トレで消費されるエネルギーはそれほど多くないのです。

効果的なダイエット方法は?

もちろん、筋トレはダイエットには必要です。

しかし、それだけでは足りません。

効果的に痩せたいのなら、筋トレにプラスして有酸素運動を行うことをおススメします。

有酸素運動は、消費カロリーが高く、脂肪を燃焼させます。

ダイエットの最大の目的は、脂肪との決別なので、有酸素運動は欠かせません。

この脂肪燃焼をより効果的にするのが、筋トレです。

筋トレをすると、脂肪分解ホルモンが分泌されます。

その結果、筋トレ後は代謝が高まり、脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。

また、筋肉が増えると、エネルギー消費が高くなり痩せやすい身体になります。

つまり、筋トレはカロリーを消費するより、体質そのものを変えることが目的とされます。

効率を上げるには順番が大事

運動の順番も重要なポイント。

脂肪を効率よく燃焼させるためには、筋トレを行ってから有酸素運動をするという順番が正解です。

というのも、脂肪が消費されるには、『分解』→『運搬』→『燃焼』というプロセスがあるから。

最初のプロセス『分解』は、筋トレによって分泌された成長ホルモンによってなされます。

つまり筋トレによって分解された脂肪が細胞内に運搬され、有酸素運動をすることで燃焼されるのです。

有酸素運動を先に行った場合、脂肪を分泌するホルモンが著しく低下するという研究結果もあります。

ダイエットを成功させたいのなら、順番を間違えないようにしましょう。

長時間の運動は逆効果

筋トレと有酸素運動の組み合わせでダイエットを行う際、注意したい点があります。

それは、運動している時間です。

早く痩せるために、長時間頑張ってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、それはNGです。

ダイエットに関して、運動は長くやればその分効果が出るというものではありません。

長時間運動するとコルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールには筋肉を分解する働きが。

つまり、筋肉が少なくなってしまうのです。

エネルギー消化を高めてくれる筋肉が減ると、ダイエットの効率が落ちてしまいます。

それなので、筋トレと有酸素運動は合わせて1時間以内に終えるようにしましょう。

ただし、有酸素運動を20分以上続けないと脂肪が燃焼されないということも忘れずに。

正しい方法をマスターしよう!

栄養補給の方法にも注意点が。

筋トレを終え、有酸素運動に入る前に糖質の入ったドリンクで栄養補給はNGです。

それは血糖値が上がってしまうから。

血糖値が上がると脂肪燃焼の効果が下がってしまいます。

どうしても栄養補給をしたい場合はクエン酸がおススメです。

関節への負担にも気を付けて。

有酸素運動として、外でランニングをする人も多いと思いますが、コンクリートは膝関節に大きな負担がかかります。

負担を軽減するには、ジョギング用のシューズを使うのがおススメです。

負担の少ないエアロバイクを取り入れるという手も。

筋トレでは、正しいフォームで行うことが大事。

間違ったフォームは関節に負担をかけるだけではなく、怪我の元にもなります。

ジムで筋トレを行う場合は、インストラクターに指導を受けると良いでしょう。

ただ痩せているだけではなく、引き締まった身体は魅力的ですね。

筋トレと有酸素運動を組み合わせて、理想の身体を手に入れましょう。